留学保険に入ることは大事

category01

留学先では病気や怪我をする可能性もあるので、万が一の時にお金に困らないように保険に入っておくと良いです。日本では公的制度が発達しているので医療費を心配する必要はあまりありません。

しかし海外では治療費を全て自己負担することが多く、救急車で運ばれたり手術をしたりすることで、多額の医療費を請求されます。



保険に入っている人は、保険会社がお金を払ってくれるので、留学先でトラブルが起こった時に一人で抱え込むことがありません。


国内と海外の保険会社では、海外の方が保険料は安いです。



しかし国内の保険会社は手続きが簡単で、補償範囲も広いです。
留学する前にインターネットや窓口を利用して、国内の保険会社と契約しておきます。
医療費を補償するだけでなく、他人に怪我をさせてしまったなどの賠償責任までカバーしています。

エキサイトニュースの正しい情報を手に入れましょう。

オプションで歯の治療を含める保険内容もあります。

保険料は高くなりますが、海外で突然歯が痛くなった時に我慢しないで治療を受けることができます。
日本では歯の治療費が高額になることは少ないですが、海外では歯痛で少し診てもらっただけで数万円かかります。歯の病気は事前に防ぐこともできるため、保険料をできるだけ抑えたいならば、出国前に歯医者に行って口腔ケアを受けるようにします。
留学保険では緊急性を要する症状が出た時だけ補償するなど条件付きであることが多いので、海外では歯医者に行かなくても良いように準備しておきます。

大事な教育の事

category02

海外留学は、自分の長い人生の中で、何度も経験できるものではありません。したがって、訪問する国を前もって決めておくこと、その国で何を習いたいかという目的意識をしっかりと持つこと、現地の治安や生活するエリアをどこにするかなど、渡航の前に調べておくことは山ほどあります。...

subpage

ためになる情報

category02

海外留学をする際において、現地の治安状況は気になる要素の1つだと言えるでしょう。基本的に留学可能な学校は、治安の良い地域を設定していますから、そこまで過剰に心配する必要はありません。...

subpage

みんなの常識

category03

留学するときの費用で気になるもののひとつが、渡航費用でしょう。かつては、留学費用のうちのかなりの部分を占めていました。...

subpage

読めば解る

category04

日本人が英語を話せるようになるには、英語の授業に頼ってはいけません。文法を理解することができますが、その確認方法が筆記試験なので、読み書きが強くなるばかりです。...

subpage